チベットNOW@ルンタ

ダラムサラ通信 by 中原一博

2012年5月31日 at 7:52 PM

カム旅行記 その6 タウ後編

ニンツォ・ゴンパの下の方にある小さなお堂にお母さんとともにお参りに来てた少女。 お堂にいた、老僧に「焼身についてどう思うか?」と聞いてみる。親指を立てながら「ヤポドゥ(いいと思う)。彼らは勇気がある。チベットがこん

2012年5月30日 at 10:16 PM

<速報>今日 ザムタンで幼い子供3人を残し 母親が焼身抗議・死亡

追加写真(31日)。リキョが倒れ、炎に包まれている現場写真。周りに集まったチベット人たちはなす術もなく、これを見守っている。チョナン僧院には大勢の僧侶や地域のチベット人が集まり法要を行っているという。葬儀は30日

2012年5月30日 at 9:01 PM

カム旅行記 その5 タウ前編

明朝ラガンの町を出て、タウ(道孚)に向かう。行程3時間ほどのはずなのでのんびり出発。バスはないので乗り合いミニバン、1人50元で行く事にするが、人がなかなか集まらず1時間ほど待った。 一旦高原上の峠を越えた後、道は

2012年5月29日 at 9:06 PM

カム旅行記 その4 ラガン

今日は、今のところ大きなニュースは入っていないので、カム旅行の話を続ける。 草原の中にある小さなラガンの町に到着し、部屋も決めたので、のんびり散歩に出る。 こじんまりとした可愛い家が並ぶ。 中庭でヤーに餌をやりなが

2012年5月28日 at 8:04 PM

<続報>ラサで2人のチベット人若者が焼身抗議 1人死亡

イギリスベースのFree Tibetが死亡したドルジェ・ツェテンの写真として発表したもの。焼身抗議を行ったジョカン前にて。 昨日の焼身について、その後徐々に事実と思われる情報が伝えられ始めた。それらをまとめて報告する。 RFAの英語

2012年5月28日 at 1:13 PM

<速報>ラサで2人が焼身抗議 1人死亡 1人重体

「焼身の煙が立ち上る、ジョカン寺前」の写真と言われるもの(@MyYakより)。炎が消された後と思われる。 昨日の夕方あたりから、「ラサで焼身」というニュースが伝えられ始めた。しかし、様々な情報が錯綜し「焼身が行われた事は確

2012年5月27日 at 10:24 PM

カム旅行記 その3 ダルツェンド~ラガン

3日目の11日、やっとチベットらしい風景に出会えた。写真は4298mの折多峠(チベット名は不詳)で舞い上がるルンタ。 朝のんびりとダルツェンドを出発し、峠を越え、2時間程で着くラガンに向かう。バスはこの辺りでは長距

2012年5月26日 at 3:36 PM

カム旅行記 その2 ダルツェンド

ダルツェド(ダルツェンド、ダルド、康定、カンディン)は現在四川省の一部となっているカム、カンゼチベット族自治州の州都である。街の人口は約11万。川の流れる雪山に囲まれた狭い谷間にビルが立ち並ぶ。元々(1950年以

筆者プロフィール

中原 一博
NAKAHARA Kazuhiro

1952年、広島県呉市生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。建築家。大学在学中、インド北部ラダック地方のチベット様式建築を研究したことがきっかけになり、インド・ダラムサラのチベット亡命政府より建築設計を依頼される。1985年よりダラムサラ在住。これまでに手掛けた建築は、亡命政府国際関係省、TCV難民学校ホール(1,500人収容)、チベット伝統工芸センターノルブリンカといった代表作のほか、小中学校、寄宿舎、寺、ストゥーパなど多数。(写真:野田雅也撮影)

ちべろぐ

Archives

  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年5月 (10)
  • 2016年3月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (2)
  • 2015年7月 (14)
  • 2015年6月 (2)
  • 2015年5月 (4)
  • 2015年4月 (5)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (2)
  • 2014年12月 (12)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (10)
  • 2014年9月 (10)
  • 2014年8月 (3)
  • 2014年7月 (9)
  • 2014年6月 (11)
  • 2014年5月 (7)
  • 2014年4月 (21)
  • 2014年3月 (21)
  • 2014年2月 (18)
  • 2014年1月 (18)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (18)
  • 2013年10月 (26)
  • 2013年9月 (20)
  • 2013年8月 (17)
  • 2013年7月 (29)
  • 2013年6月 (29)
  • 2013年5月 (29)
  • 2013年4月 (29)
  • 2013年3月 (33)
  • 2013年2月 (30)
  • 2013年1月 (28)
  • 2012年12月 (37)
  • 2012年11月 (48)
  • 2012年10月 (32)
  • 2012年9月 (30)
  • 2012年8月 (38)
  • 2012年7月 (26)
  • 2012年6月 (27)
  • 2012年5月 (18)
  • 2012年4月 (28)
  • 2012年3月 (40)
  • 2012年2月 (35)
  • 2012年1月 (34)
  • 2011年12月 (24)
  • 2011年11月 (34)
  • 2011年10月 (32)
  • 2011年9月 (30)
  • 2011年8月 (31)
  • 2011年7月 (22)
  • 2011年6月 (28)
  • 2011年5月 (30)
  • 2011年4月 (27)
  • 2011年3月 (31)
  • 2011年2月 (29)
  • 2011年1月 (27)
  • 2010年12月 (26)
  • 2010年11月 (22)
  • 2010年10月 (37)
  • 2010年9月 (21)
  • 2010年8月 (23)
  • 2010年7月 (27)
  • 2010年6月 (24)
  • 2010年5月 (44)
  • 2010年4月 (34)
  • 2010年3月 (25)
  • 2010年2月 (5)
  • 2010年1月 (20)
  • 2009年12月 (25)
  • 2009年11月 (23)
  • 2009年10月 (35)
  • 2009年9月 (32)
  • 2009年8月 (26)
  • 2009年7月 (26)
  • 2009年6月 (19)
  • 2009年5月 (54)
  • 2009年4月 (52)
  • 2009年3月 (42)
  • 2009年2月 (14)
  • 2009年1月 (26)
  • 2008年12月 (33)
  • 2008年11月 (31)
  • 2008年10月 (25)
  • 2008年9月 (24)
  • 2008年8月 (24)
  • 2008年7月 (36)
  • 2008年6月 (59)
  • 2008年5月 (77)
  • 2008年4月 (59)
  • 2008年3月 (12)